【カフス】 できる男の袖口研究

できる男は「袖口」にまで気を配っています。ビジネスウェアは良いスーツを着れば「はいおしまい」ではありません。「袖口」という細かい箇所にまでこだわりを持っています。そんな男たちのビジネスウェアの数々。味わってみませんか?

What is カフス】

「できる男」の袖口研究
What is カフス




●「カフス」と一般的に使われていますが、「カフ」の複数形で「カフス」になっているって知ってました・・・?

 「カフ」が両袖にあるから複数形(ニヤリ)。


 うんちく心に火をつけます。



●また、「カフス」というと、袖を止めるボタンの変わりに使用するアクセサリーをイメージする方も多いかもしれません。

 また、ネットで【カフス】と検索すると、そのような商品が多数ヒットします。


 しかし、「カフ」とは、袖の先についているバンド状の布のことです。

 ですので、「カフ」を止めるアクセサリーは、「カフリンクス」であり「カフスボタン」ですのでお間違いのないように。

 さらに言うと、英語では「カフリンクス」で、「カフスボタン」は日本独自の表現と言われています。




●カフスは袖先をとめ、汚れ防止の役目、袖口の飾りの役目を兼ねています。

 カラー(襟(エリ)のことですね)が顔を美しく見せる役目があるように、カフスは手をきれいに見せる役割もあります。



●ところで、カフを留めるための道具「カフリンクス」。

 先ほども出てきましたが、英語では「カフ・リンクス」。「カフスボタン」という呼び名は、日本独自の表現らしいですが、今はそちらの方がすっかり定着しているように思います。



 というより、「カフス」が最も一般的かもしれません。




●カフス・デザインが発達したのは14世紀のフランス、ルイ王朝時代で男女ともゴージャスにレースや刺繍で飾ったり、とカラーもカフスもそれはそれは華やかでした。


 19世紀以降はゴージャスさより機能美を追求する傾向にありますが、ビジネスウェアでは、遊び心を表現できる数少ない部分の一つです。



 是非「できる男」は活用したいですね(にやり)。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。