【カフス】 できる男の袖口研究

できる男は「袖口」にまで気を配っています。ビジネスウェアは良いスーツを着れば「はいおしまい」ではありません。「袖口」という細かい箇所にまでこだわりを持っています。そんな男たちのビジネスウェアの数々。味わってみませんか?

【ダンヒル】

「できる男」の袖口研究
【 ダンヒル 】




●1880年に馬具専門製造卸売業として生まれた、ダンヒル。1893年から衣類や小物の製造業に乗り出し、主にメンズブランドの一流メーカーとしての地位を築き上げた。

 アルフレッド・ダンヒルのその斬新なアイデアや、こだわった男としてのポリシー。特に【 黒 】を使いこなすデザインは、他のどのブランドよりも優れている。

 まさに歴史と共に英国紳士に愛されたダンディズム。

 アルフレッド・ダンヒルはある時こう言っている。

 「車愛好家の方々に接した販売を通じて、一流の目を持ったお客様のご要望に応えられる製品を提供し続けていれば、ビジネスが成功するにいたるのは時間の問題にすぎません。そして、値段というのはそれほど重要なポイントではなく、あくまで大切なのは、クオリティなのです。」


 G.M.T コレクション
 JS2001K
 010
 JS8230K



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。