【カフス】 できる男の袖口研究

できる男は「袖口」にまで気を配っています。ビジネスウェアは良いスーツを着れば「はいおしまい」ではありません。「袖口」という細かい箇所にまでこだわりを持っています。そんな男たちのビジネスウェアの数々。味わってみませんか?

【クリスチャン・ディオール】

「できる男」の袖口研究
クリスチャン・ディオール




●リュシアン・ルロンのメゾンで働くクリスチャン・ディオール(Christian DIOR)の才能に目を止めた木綿王マルセル・ブサックの援助で1946年に独立。パリ・モンテーニュ通り30番地に店を持つ。


 1947 S/S コレクションでパリにデビュー。ペチコートで膨らませた曲線を強調したゆったりなだらかな肩に細く絞ったウエスト、くるぶしまであるロングスカートという優美なスタイルの「花冠ライン(Ligne Corolle)」を発表。そのシルエットの美しさに驚いた「ハーパース・バザー(HARPER'S BAZAAR)」の編集長カーメル・スノウが「これはまさにニュー・ルックね」と言ったことから、「ニュー・ルック」と呼ばれ、世界のモード界に旋風を巻き起こした。


 その後、48年に「ジグザグ・ライン」、50年に「パーティカル・ライン」、51年に「オーバル・ライン」、52年に「シニュアス・ライン」、53年に「チューリップ・ライン」、54年に「Hライン」、55年に「Aライン」、56年に「アロー・ライン」と、次々と新しい手法を生み出し、「流行の神様」とも呼ばれ、現代にも多大な影響を与え続けている。


 57年、イタリアの湯治場モンテカティーニにて、心臓麻痺で52歳の若さで急逝。1957 S/S コレクションが最後の仕事となった。毎コレクションで発表するアイテムの1つに、必ず愛犬「ボビィ」の名を付けて発表していた、逸話もある。


 パリ・オートクチュール全盛期の先端を担った名デザイナー。アシスタントだったイヴ・サンローラン、ピエール・カルダン、ギィ・ラローシュたちを育て、57年秋に他界した後は、58〜60年はサンローラン、61年以後はマルク・ボアンがメゾンのクチュリエとして創作活動を指導している。


 その後、マルク・ボアン、ジャンフランコ・フェレと引き継がれ、1997年からはジョン・ガリアーノがデザイナーとして君臨。


 現在、「LV モエヘネシーグループ」に属する。


 2003年12月7日、東京・表参道にクリスチャン・ディオール表参道店をオープン。地上4階から地下1階まで、レディースウェアやメンズウェアであるディオール・オム、バッグ等の小物やシューズ、ファインジュエリー等を扱っている。



 D72346



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。