【カフス】 できる男の袖口研究

できる男は「袖口」にまで気を配っています。ビジネスウェアは良いスーツを着れば「はいおしまい」ではありません。「袖口」という細かい箇所にまでこだわりを持っています。そんな男たちのビジネスウェアの数々。味わってみませんか?

【クリスチャン・ディオール】D72346

●クリスチャン・ディオールといえば、一時期、人気にかげりも見えていましたが、デザイナーにジョン・ガリアーノを据え、人気を一気に蘇らせました。


 そのジョン・ガリアーノですが、どうしても、デザインが派手なイメージが付きまといます。


 正直、派手派手商品は「できる男」に似合いません。



●しかし、D72346を見てください。


D72346.jpg


 【シルバーにレッドのライン】

 とてもシンプルに仕上がっています。


 レッドを使ったのは、ジョン・ガリアーノの遊び心でしょうか・・・。



●しかし、レッドがシルバーの良いアクセントになっています。


 ホワイトのシャツはもちろん、ピンク系、ブルー系のシャツにでも合わせやすいでしょう。


 また、カフリンクスが主張しすぎないので、カラーのついた皮バンドの腕時計との相性も良さそうです。



●ただ、少し若者向けといわれても仕方の無いカラーです。

 しかし、このような商品こそ、ダンディに使いこなすのが「できる男」と言えるのでしょう。



D72346.jpg




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。