【カフス】 できる男の袖口研究

できる男は「袖口」にまで気を配っています。ビジネスウェアは良いスーツを着れば「はいおしまい」ではありません。「袖口」という細かい箇所にまでこだわりを持っています。そんな男たちのビジネスウェアの数々。味わってみませんか?

【ダンヒル】010

●「めずらしい」


 まさに、この言葉がぴったりな一品です。



●何がって・・・?


 ダンヒルのゴールドカフリンクスをあなたは見たことがありますか・・・?


 もちろん、ピンクゴールドのカフリンクスなど色の付いている商品はあります。

 しかし、010はゴールドです。


 
【ダンヒル】010




●ゴールドなのに派手過ぎない。


 あまりにも派手なカフリンクスは、パーティなどのシーンには映えますが、ビジネスシーンでは、どうしても少し嫌らしさを感じてしまいます。


 しかし、派手過ぎないのです。

 ゴールドなのに、シックに決まるのです。


 そこがダンヒルのダンディズムであり、スゴイところなのでしょう。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。