【カフス】 できる男の袖口研究

できる男は「袖口」にまで気を配っています。ビジネスウェアは良いスーツを着れば「はいおしまい」ではありません。「袖口」という細かい箇所にまでこだわりを持っています。そんな男たちのビジネスウェアの数々。味わってみませんか?

【トンプソン】BTS843 シリーズ

●トンプソン。



 英国のこのブランドが日本でどれほど認知されているか私は分からない。



 しかし、「できる男」を何故だか魅了する・・・。



●中央に主調しすぎているようなスクウェア状のデザイン。


 その周りを取り囲むように、カラーを添える。





●でもよく考えてみよう。

 もし、スクウェアが今より小さいとしたら・・・


 周りを取り囲む、ブルーやピンクが勝ってしまう。

 それでは駄目なのだ。



 スクウェアが無造作に大きいので、金属的な光沢が、周りの石の輝きが調和して一つの作品を作っているのです。


 
【トンプソン】BTS8431(ピンク)




●シルバーと何色を組み合わせるかはあなたのお好みしだい。




 しかし、右袖と左袖で違う色のカフリンクスを楽しむ遊び心を持っていてもいいかもしれない。



 「できる男」は、少年のような遊び心を常に持っているのだから・・・






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。